HOME > 業務内容案内 > 銀行融資のサポート

銀行融資のサポート

資金の調達が悩みの種の事業者の方は多いと思います。
新規事業の立ち上げなどの際には多額の資金が必要になりますが、その全てを自己資金で賄うことはなかなか出来ません。
資金が不足しているのであれば、他所から資金の調達をしなければなりませんが、実際にはどうすれば良いかご存知でしょうか。
事業を営む経営者の方々が真っ先に資金の調達先として考え付くのは金融機関だと思います。
一括りに金融機関といいますが、具体的には、「都市銀行」「地方銀行」「信用金庫」「信用組合」などがあり、もちろんこの他にも調達先になりうる機関が存在します。
これらの機関はそれぞれの判断基準に基づき融資の可否判断をしているため、都市銀行では断られた融資が信用金庫では受けることが出来る場合もあります。
また、資金の調達を行うに当たって行政が行っている制度融資を利用することも有効ですし、保証協会を利用して融資を受けられる様にすることもあります。
資金の調達に際しても税理士に相談をしていただければ様々な角度から最適な方法を提案することが出来ます。
税理士は税金の計算だけでなく資金の調達をする際にもお役に立てるのです。
融資の際には税理士へのご相談をお忘れなく。




無料相談実施中.jpg